育児休職プロジェクト

第2子の誕生を機に日々を出来事を記録したい。特に育児休業中の事とか。

タワーマンション見学、武蔵小杉

少し前に武蔵小杉のグランツリーに行った時、その周辺にタワーマンションがいくつもそびえ立っている印象を受けた。

湘南新宿ラインが停車することにより、だいぶ前から利便性が良くなり、タワマンの建設ラッシュされた事は知っていたが実際に見たのは初めて。

その1つ、グランツリーの一番近くに黒くカッコ良いタワマンが残り3邸と広告されていたので、一昨日見学に行った。

これまで探している繁華街から外れる路線ではないものの、どんなものかと。

全部で800戸、53階建て、免震構造

武蔵小杉の再開発エリアで最後のタワマンらしい。場所もなかなか良く、グランツリーには道路を渡れば直ぐで、小学校も他のタワマンとは異なりすぐ近くに。

ロビーは天井が高くコンシェルジュが24時間待機している。

共用スペースは最小限にして、共用費を抑えているらしい。しかし、サービスルームなど必要十分。

残り3邸で3LDKは2つ53階と32階の西、モデルルーム、28階の東合わせれば3つ。

販売会社、ディベロッパーはすみふでデザインや仕様に自信を持っているだけあり素晴らしい。

竣工から2年経過しており、残りの4戸を除き販売済み。

モデルルームを見学すると少し狭く感じた。70m2程度で今の賃貸よりは広いはずなのだけど、寝室が少し広めだからかもしれない。

リビングルームにあえてバルコニーを設置せずガラス張りのカーテンウォールで視界を優先させたようだ。確かに手摺や奥行きにより視界は狭まる。説明はなかったが、専有スペースを広くする意図も感じられた。

また1平米弱、地下三階にトランクルームがあるので、これも見た目の専有面積よりも狭く感じされるのかもしれない。

地震の事もあり、この免震や利便性には憧れるが、8棟くらいのタワマンが溢れインフラのパンクや人の多さがあまり魅力的でない。

それに何よりも価格。

モデルルームで8,480万円、32階西は8,280万円

、最上階で9,680万円。これだけ、売れなかったのは一番に価格があると思う。

営業からは高い買い物の方が、高く売れると高級車を例にして説明があり、一理あるかもしれないが、それ以上に需要と供給のバランスや物価とのタイミングがあり買値よりも高く売れる保証は何もない。

という事で、次回の予約も遠慮して見学を終了したが、見学特典のセブン系列で使える金券3,000円をもらえた。

でも地震の恐怖を考えると免震は憧れる。